What a Wonderful Family ジュピター君

昨年の10月、F+のお問い合わせメールにイタグレクッションのご注文メールをいただきました。「初めまして、イタグレジュピターを飼っていた○○と申します。」ちょっとドキッとする書き出しで、そのあとの内容を読んで納得しました。「実はジュピターは先月の26日に病気で亡くなってしまいました。」思い出にそばに置いておきたいと、クッションのご依頼をいただきました。たくさんの写真を探したり、ジュピター君の特徴を説明してくださったり、きっとお辛いことだったと思います。いただいたお写真はどれもとってもチャーミングで、ママさんパパさんの愛情がぎゅっと込められています。笑顔の素敵なジュピター君。みんなの兄貴分でとっても優しい子だったよ〜と、イタグレフレンズのルビちゃんも話してくれました。

 

しっぽNo.29

ジュピター♂ 12歳3ヶ月 2016年9月26日 イタリアングレーハウンド

 

 

 

ボディはミルクたっぷりの紅茶色。時々お耳が立ってしまうところ、長くてクルンとした尻尾、ホワイトハイソックス。そしてなんといってもこの笑顔!みんなにたくさんの愛を注いで虹の橋を渡りました。きっと虹の向こうでも、笑顔でみんなと遊んでいるね!

 

 ママさんが最後までこだわったお耳の写真。

 

 

イラストもクッションも、ママさんパパさんのたっぷりの愛情と一緒に、心を込めてお作りしました。クッションはリビングの戸棚に引っ掛けてあります。いつもニコニコ笑っているジュピター君。ポストカードはゼブラで遊ぶジュピター君とジュピター君2号。みんな君のことを忘れない!!ずっと友達!!

 

ジュピター君 君の笑顔と君がくれたたくさんの幸せと思い出に ありがとう。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please follow and like us:
Facebook
Facebook